メカニック_遠藤 亜々瑠

人材紹介
2017.06.25

セールスメカニック 国家1級整備士
遠藤 亜々瑠
TBaseファクトリー 兼 フロント担当 

①TEZZOを知ったきっかけ(採用前に初めて知ったきっかけ)
小学生のころ、代表である太田哲也の著書「クラッシュ」を読みました。メディアの露出が多かった代表のことを、幼い頃から知っていました。
専門学校のイベントに代表がいらしたときに声をかけました。そこで「どんな仕事をしたいか」聞かれ、その話の中でTEZZOのことを教えて頂きました。TEZZOのことを調べていくうちに興味をもちました。

②TEZZO入社を決めた理由
自分がやりたいことがTEZZOにはあると思いました。ディーラーでは、点検やパーツ交換をして修理することがメインです。TEZZOではお客様のお車をより良いものに作っていくことが仕事です。ここでは、若いうちから責任ある立場で仕事をさえてもらえるため、
自分を成長させることができます。そのため、TEZZOで仕事をすれば自分の実になると思いました。インターンシップで実際に働いて、ほかの企業では社会人としての成長ができないだろうと感じました。

③今やっている仕事内容
基本はメカニックですが、単に整備技術を身につけるだけでなく、メカニックの視点から相談に乗り、お客様の車を一緒に作る仕事です。今の目標はお客様の相談内容にあった理想の車を作ることです。お客様に満足いただけると嬉しいです。

④これからどんなことをやりたいか こうなりたいなど
レーシングサービスをやりたいです。今は乗って楽しい車をつくるという段階です。TEZZOでスクーデリア・フェラーリのようなレーシングチームを作りたいです。お客様の車をレーシングカーにし、お客様に走ってもらう。私も一緒に走り、メカの視点からアドバイス、レクチャーをできるようになりたいです。お客様と一緒にチームを作り、TEZZOの物語を作る。
レースで勝って強さを世間に示して、ブランド力を高めたいです。